和物とハンドメイド雑貨 Conifar/初めての方へ

和装小物の種類

着物を着る時に欠かせない「和装小物」。 それらは用途により、実用小物と装飾小物に分けられます。

実用小物とは下着など着物に対してその下に着るものや足袋などを指します。
装飾小物を選ぶときには、着物や帯と同系色、または反対色、柄の中の一色などから選ぶと調和のとれた組み合わせになります。

和装小物は着物をより美しく見せるために必要なものですが、それら和装小物にはどのようなものがあるのでしょうか。


・ 帯締め
帯を固定するのに用いる紐です。
「丸ぐけ」と呼ばれる布で綿をくるんだ紐、そしてもう一つは「組み紐(平、丸)」があります。 正面から見た紐の高さは、年齢や着こなしによって整える位置を変えるとされています。

帯締めの両端には「房(ふさ)」があり、祝いの席では両方を上に、喪の席では両方を下にします。
普段は片方ずつを上下に配置しますが、関東と関西で左右のどちらを上にするかが異なります。
・ 帯揚げ
帯の上部に付ける物で、帯と体の隙間を埋めるものです。 全体の中で見える分量は少ないですが、着こなしのポイントとなります。

帯揚げを見せる量は年齢によって異なり、振袖は全部を見せ、中年層の方は少しだけ、高齢の方はほとんど見せない状態で着こなします。
ただし留袖に使用する白い帯揚げは、年齢を問わずに少し見える状態で着用します。
また、一般的に高年齢の方は、総絞りの帯揚げは適しません。
・ 帯留
帯締めと同じように装飾的な意味と結んだ帯を押さえる目的を持っています。 中央部に締めるので目線もいきアクセントになる装飾小物です。
帯留めには彫金、鋳金、陶器、木彫りのものから珊瑚や真珠、宝石などで装飾されたものがあり、それを細い平打ち(平組で幅の細い組紐)の真田紐という帯締めに通し、お太鼓を結んだ帯の中で結び始末します。
・ 草履
背を高く見せたい人は、台の高い草履を履き、着物の地色と台の色を合わせると、無難なコーディネートを印象付ける事が出来ます。
・ バッグ
バッグと草履をお揃いにするとフォーマル感がアップします。
・ コサージュ
大ぶりのものを髪に飾ったり、帯に飾ったり、いろいろ遊んでみても素敵です。
・ かんざし
女性が髪を結う時に使う日本の伝統的な装身具です。
材料は金,銀,べっこう,サンゴ,ガラスなどで,定紋入りの平打や,玉簪,花簪,びらびら簪などが作られ,耳かきがついているものもあるようです。
当サイトでは、いろいろなオリジナル和装小物を扱っています。
着物リメイクのバッグや巾着などがあり、着物や浴衣との相性も良く、他にもアクセントになりそうな帯飾り、帯留め、かんざしなど、プロのビーズジュエリー作家とコラボした商品を取り揃えています。
和装小物  バッグ・袋

【発送 / 送料について】

・通常宅急便
全国一律500円(北海道/沖縄/一部離島は除く)
※ 10,000円以上ご購入で無料(特定地域は除く)

☆ 時間帯指定
午前中/12時-14時/14時-16時/16時-18時/18時-20時/20時-21時
・メール便
全国一律100円(代引・時間指定不可)
・海外発送
海外向けサイトをご確認ください。
» 「配送対応可能国一覧表」

【お支払方法】

  • 銀行振込(三井住友 / UFJ / ゆうちょ)
  • 代金引換(手数料別途432円)
  • クレジットカード

【ご注文方法】

  • インターネット(ショッピングカート)
  • FAX -- 「FAX注文専用紙」
  • TEL: 078-220-7899(10:00~18:00)