着物の模様に込められた意味

着物の模様とそれらに合わせた和装小物の意味

・帯留めのTPO
着物は日本の伝統的な衣装で、昔は着物を日常的に着る和装が当たり前でした。 時代とともに便利な洋装に移り変わっていっています。 最近では、和装の良さが見直されたことで和装リメイクアイテムを魅力的に感じる方が多いようです。
着物にはたくさんの種類の模様があり、昔から女性はおしゃれに敏感だったらしく、着物も流行があり模様が変わっていたようです。 ここでは、その基本とされる模様について紹介したいと思います。
「具象文様とは」
着物には植物、道具、器具など具体的な物をモチーフにした具象文様のほか、円形、三角形など幾何学図形を使った抽象文様に大きく分けられます。
江戸時代以前も織りや絞りの文様で表現されていましたが、江戸時代初期に友禅染の華やかな色彩で文様が描かれるようになっていて、いっそうバリエーションが豊富になったそうです。

着物に込められた意味と模様の違い

・ 桜
桜は主に春の柄として重宝され、日本らしさを表現できる代表的で人気の高い柄となっています。
その人気は平安時代頃から変わっておらず、小桜、枝垂れ桜などにアレンジされて親しまれています。
・ 菊
美しさと高貴な香りから、邪気を払う縁起物として尊ばれてきました。 日本に伝わった奈良時代から、宮中行事で欠かせない花となっています。
特に和装の分野において、お祝いの席に着用する着物で、「御所車」や「のし柄」などの模様の横に菊は施され、季節を問わず使われる柄です。
・ 牡丹
古くから悪霊を払う力があると考えられ、春を告げる聖なる木として人々から好まれていたようです。
「抽象文様とは」
抽象芸術は、第一次世界大戦後に出現した新しい芸術運動であり、幾何学的要素が多い模様です。
・ 立湧き
水蒸気が湧いて昇っていく様子を文様としたとされています。 天に自分の気持ちが昇ることをあらわします。
・ 亀甲
桃山時代の能装束によく見られ、雪輪の中に花模様を詰めることもあります。 亀の甲に似ていることから亀甲と呼ばれています。
平安時代に定着したおめでたい文様の代表格であり、組み合わせやすいため、さまざまな変形の文様があります。
・ 雪輪
桃山時代の能装束によく見られ、雪輪の中に花模様を詰めることもあります。

着物の柄は季節感の先取りと意味がこめられたファッションアイテム

このように、着物の模様には意味が込められていることも多いので、和装リメイクした商品の模様から意味を考えるのも楽しいと思います。 着物の季節柄は「先取り」で着る事が通例で、春の柄は1月頃から、秋の柄は10月には着る事が一般的です。
洋服にリメイクした場合でも、このような季節先取りのファッション感覚で合わせられても面白いのではないでしょうか。
ページトップへ